活動報告

「いろいろな研究室に行って博士の学生と話してみよう」研究室見学&座談会第2回を開催しました

「いろいろな研究室に行って博士の学生と話してみよう」研究室見学&座談会第2回は、5月22日(水)に大学院工学院先進材料ハイブリッド工学研究室にて開催され、修士課程と博士課程2名の大学院生が参加しました。

今回の研究室見学&座談会では、米澤研究室の博士課程学生2名に対応いただきました。最初に自己紹介をした後、米澤先生より、参加者のバックグラウンドに合わせ「金属ナノ粒子材料の医療・生命科学分野への応用」を中心とした研究の紹介と、博士課程進学についての考え方へのアドバイスをいただきました。

実験室の様子を見学させてもらい、その後、4人の大学院生で「博士課程」をテーマに座談会を行いました。博士課程で身につけたいこと、研究室での博士学生の役割、将来やりたいこと等についてそれぞれに語り、相互にコメントやアドバイスを返していました。

参加した学生は、普段出会わない分野の教員や学生話を聞くことで、博士課程へに対する考え方への柔軟性が増し、また、学内で研究に打ち込む博士学生の仲間と話すことでモチベーションが高まったようです。

本企画は「博士課程への進学促進」「異分野理解と交流の促進」を目的として企画しました。今年度は試行として実施しましたが、今後改善し、さらに良い企画にしていきたいと思います。受け入れにご興味のある先生方、参加したみたい学生のみなさま、ぜひ女性研究者支援室( freshu@synfoster.hokudai.ac.jp )までご連絡ください!

米澤研究室の博士課程の方から、研究設備について詳しい説明を受けています

4人の大学院生で「博士課程」をテーマに座談会を行いました!


■第1回見学会開催報告【歯学研究院血管生物分子病理学教室(教授 樋田京子先生)】